沖縄が誇る名産品

お酒好きにはたまらない泡盛

沖縄の名産品として有名なのは、泡盛です。お酒好きの人には人気が高く、お土産にすると喜ばれる一品です。アルコール度が高いイメージですが、アルコール度20度ぐらいから40度まで、いろいろなタイプが販売されています。開栓したまま常温で保存しても腐らず、扱いやすいのも特徴です。ストレートや水割り、お湯割りなどで飲むのが一般的ですが、沖縄ではシークワーサーの果汁やウコンと割って飲まれることもあるようです。そのほか、沖縄の郷土料理の隠し味としても使用されています。 また、泡盛用の酒器もあり、カラカラと呼ばれる泡盛用の徳利や嘉瓶と呼ばれる真ん中がくびれたひょうたん型の徳利など、セットでお土産にするのもおすすめです。

色鮮やかで美しい紅型

紅型は沖縄の伝統的な染色技術で、もともとは琉球王国時代の王族や貴族のために作られていました。伝統工芸品として、今でも根強い人気を誇ります。型染め、筒描き、藍染めなどがあり、色鮮やかで美しい高度な染色方法です。お土産用としては、ハンカチやバッグ、ポーチなどが販売されているほか、洋服や傘などもあります。数万円する商品もありますが、キーホルダーやヘアゴムなど小さなものならリーズナブルな価格で購入できます。工房によっては、実際に紅型体験ができるところもあるので、沖縄旅行のついでに自分だけのオリジナル紅型を作ってみるのも良いでしょう。
紅型の柄は沖縄の植物や動物をモチーフにしたものが多く、旅の思い出として購入するのにもぴったりです。

初めて沖縄に行くなら、必要なことをまとめて手配できる沖縄ツアーが便利です。一度は訪れたい観光名所、定番の料理。ツアーだからこそ段取りに手こずらない旅行が楽しめます。